シミをきれいに消したいけれど、皮膚科に行けばいいの??

◆保険◆

シミ取り美容皮膚科でのシミ治療には、いろいろな手段があります。
美容目的でのシミ取り皮膚科での治療では、美容のために使う医療機器での施術もあります。

この場合だと、支払いに保険は適用されません。

ほうれい線対策は美容皮膚科のウルセラで行おう!

目的が疾患を治療ではなく、美容のためであることから、保険治療ではありません。
医療機関でシミをなくすのは、すべてが自己負担かというと、そうでもありません。

ほうれい線


皮膚科などでの医療機関では、内服薬を処方して、シミの改善をサポートするケースも多いものです。

内服薬を皮膚科で処方してもらうケースでは、保険適用となることが多いので、上手に利用することです。


レーザー治療だけではなく、内側からのケアも効果的なものです。
意外かもしれませんが、レーザーでも3割負担の支払いで対応可能なケースがあります。

ただこの場合、シミというよりも、あざの分類にはいることが条件です。

太田母班や扁平母斑、外傷後の色素沈着なども適応となることがあるので
医療機関で相談をしてみることです。


支払い

年齢的に仕方のないものだと諦めていたシミが、保険適用での治療も
可能かも知れません。


もし適用されないとしても、専門医からのアドバイスを受けることで
生活習慣や対策に関する見直しをする良い機会にはなるはずです。


気になっていることがあれば、まずは話を聞きに行ってみたり
ネットで情報収集するなど、できることから始めていきましょう。

 

保険診療と自由診療の違いは?健康保険のルール

診療を受ける際には保険診療と自由診療があることを意識しなければなりません。
保険診療は健康保険が適用され、治療にかかった費用の1部が健康保険から負担されるものとなっています。
そのため本人の負担は非常に少なくて済むと言うメリットがある反面、その適用範囲を事前によく理解していないと、適用外の治療となってしまうことがあり自己負担額が増えるので注意をすることが必要です。

基本的にこの保険が適用される診療の対象は、法律では生命の維持に関わる重大な診療となっていますが、なかなか理解をすることができない部分も多いものです。
病気や怪我のためにこの治療を行う場合には保険が適用され、自己負担は法律で定められた一部の費用のみで済むことになりますが、そうでない場合には自ら全額を負担しなければならないことになるのです。

例えば、整骨院などを受診する場合、骨格の歪みにより痛みを生じて様々な日常の生活に支障をきたしているような場合などは保険が適用されることになりますが、骨格の歪みにより痛みを生じて様々な日常の生活に支障をきたしているような場合などは保険が適用されることになりますが、疲労回復のためのマッサージを受けるような目的が明確である場合にはその適用範囲外となります。

また歯科治療では虫歯の治療のために抜歯をし、しっかりと食べ物を噛むことができるように入れ歯を入れる場合には保険適用の範囲となりますが、前歯などを欠損してこれを補修する場合などは、保険が適用されないことになるため注意が必要となるのです。
ただししっかりとものを噛むことができないために歯を治療し、そのために前歯も治療をする場合には保険が適用されるケースもあるためその内容や順番に十分に注意することが必要です。

基本的にこの適用の判断をするのは医師になるため、医師と十分にその治療法を事前に相談することが必要になります。
また、一般的に美容整形などは生命の維持に影響を及ぼさないため自由診療となることが多くまた一般的に美容整形などは生命の維持に影響を及ぼさないため保険の適用外となることが多く、この場合にはあらかじめ病院側からその旨が伝えられるので十分に理解した上で治療を受けることが必要です。単純に病院だからと保険が適用されるわけではなく、治療の内容によって範囲が定められていることを十分に理解した上で治療を受けることが、高額な医療費で後で悩まないようにするために重要なポイントとなっています。